株をするなら信用取引を知ろう

担保を使用して高額な金額を借りる

株などを買うには高額なお金が必要になります。そこで信用取引を利用して資金を集めましょう。信用取引は名前の通り自分を使用してもらい、高額なお金を融資してもらうサービスです。その代わり担保が必要になるのですが、これは所持している株や現金を用意します。担保にした商品の合計金額に応じて融資してもらえる金額が変わるのです。担保にする物の価値が高ければ高いほど多くのお金を融資してもらえるため覚えておきましょう。

金額以上の投資が可能

信用取引を行って融資して貰う場合は現物取引以上の金額を使用できます。現物取引の場合は現金100万円持っていると100万円までの取引しかできないのです。しかし信用取引の場合は100万円を担保にしてその3倍のお金で取引できます。つまり100万円が300万円になり、300万円までの取引が可能です。俗に言うレバレッジ効果で、少ない予算で株式投資を始めたい人にとってはかなり便利な金融サービスと言えるでしょう。

空売りで儲けられるメリットもある

株の取引においてオーソドックスな儲け方といえば、安い時に株を購入して高い時に売却するキャピタルゲインがあります。他には空売りというものがあり、こちらは株価が下がると儲ける事ができるのです。証券会社から株を借りてそれを売却すると空売りになります。そして株が下がったところで買い戻して証券会社に買った株を返すのです。売った時とかった時の差額分が利益になるため、キャピタルゲインとは間逆な内容と言えるでしょう。

株の信用取引を簡単に説明致しますと、取引のある証券会社が自己資金以上の株式取引を可能にしたものです。自分の保有する株式などが担保となり、お金を借りて投資ができます。