デビッドカード決済とクレジットカード決済の違いとは

デビッドカードはカードのやりとりのみで決済が可能

デビッドカード決済はクレジットカードによる決済と似ている部分は多いですが、まったく別のものになります。同一点にはどのようなものがあるのかというと、まず、店にカードを提出することで即時決済が可能という点が挙げられます。実はデビッドカードには大きく分けて二種類ありますが、多くの銀行で発行されているノーマルなデビッドカードであっても、読み取り機に挿入して、暗証番号を入力することで決済が行われ、レシートを受け取るだけでお金のやりとりが完了します。

クレジットカード番号付きならネット上での買い物に使える

では、違う点にはどのようなものがあるのかというと、ノーマルなデビッドカードはインターネット上での決済には利用できないということが挙げられます。これはなぜかというと、オンライン決済のシステムが存在していないからです。ただ、最近増えつつある、クレジットカードの番号が付加されたデビッドカードであれば、クレジットカード用のオンライン決済システムを使うことができるので、インターネットで買い物をする際、支払いに使うことができます。

分割払いで商品を購入することはできない

また、デビッドカードは分割払いが基本的に不可能です。これは、ノーマルなものでも、クレジットカード番号がついているものでも変わりません。なぜ分割払いができないのかというと、デビッドカードの支払いには利用者の銀行口座にある預金が利用されるからです。クレジットカードのように、カード会社が利用者の代わりに店に支払って、後で利用者に対して請求するというシステムではないので、一括払いだけしかできないようになっているのです。

通販業務を始めるにあたって、クレジットカード決済を導入したい方は、決済代行会社との契約によってスムーズに導入が可能です。