臨床心理士の資格取得を目指せる通信制大学院

臨床心理士の資格取得を目指す

心理学を学びたいという人は多く、臨床心理士という資格取得を目指して大学で勉強する人が増えています。それは高校から進学する若者だけに限らず、社会人となってから又は定年を迎えた人など老若男女問わずに増えています。臨床心理士という資格は現在のところでは心理学関連の資格の中では一番取得が難しいレベルの高い資格です。大学で必要単位を取得して得られるものではなく、大学院の修士課程で臨床心理関連の学科を専攻して学ばなければなりません。

働きながらも勉強は大変

その習得の難しさと時間のかかるやり方から、特に社会人として働きながら勉強しようとする人の多くはあきらめてしまうこともあります。もし大学から学ぶのであれば、資格取得まで最低7年間学校に通わなければなりません。大学院となると働きながらでは厳しく感じる人もたくさんいるのかもしれません。しかし今では、臨床心理士を目指す人のための通信制大学院が存在しており、そこでは働きながら学ぶ事ができるということで人気も高く受験の倍率は高くあると言われています。

臨床心理士を目指せる通信制大学院は存在します

臨床心理士の受験資格を得ることができる通信制大学院はほとんどないといわれていますが、現時点では少なからず存在しており資格取得目指して勉強している人がいます。通信制大学院ということから受験なしで書類選考で入学できるのではと思っている人がいたりもしますが、受験はあります。人気が高いだけに受験も難しく、受験の面接でも面接官から厳しい質問が飛び交うと言われていますが、本格的に臨床心理士の資格取得を目指したいと思うのであれば、その意思が伝わるように心理学を懸命に勉強することが必要となります。

通信制大学院は、通学できる範囲に大学院が無い場合や、通学可能な時間に制限がある場合でも、大学院レベルの教育が受けられる事が大きなメリットです。