クレジットカードを申し込んだ時の審査基準は信頼性です

本人確認ができる免許証と収入を証明できる給与明細書が必要です

初めてクレジットカードを利用する時は、まず金融機関のホームページから申し込みます。申込フォームが用意されているので、そこに必要事項を記入してクリックするだけです。その時に必要書類を用意しておくのですが、本人確認ができる免許証か健康保険証が必要です。それと収入を証明する給与明細書も用意します。それらをメールに添付して送るか、FAX送信すれば、金融機関の方で審査が始まります。審査基準は返済能力があるかどうかです。

毎月安定した収入があればパートでもアルバイトでも大丈夫です

返済能力は提出した給与明細書で判断します。毎月一定の収入があれば審査は通ります。収入の額はそれほど重要視されませんし、パートやアルバイトでも大丈夫です。ただしフリーターや無職の人は安定した収入がないので審査が厳しくなります。また過去にクレジットカードを利用して滞納したことのある人は、金融機関の信用情報機関に記録されている可能性があるので審査が通りにくくなります。また既に他の金融機関のクレジットカードを複数利用している場合も審査が厳しくなります。

専業主婦でも夫に収入があれば審査は通ります

クレジットカードの審査は利用者が信頼できるかどうかが最大のポイントです。そのため過去に滞納や事故を起こしていると審査が通らないのです。専業主婦の場合も収入がないので基本的にはクレジットカードが利用できないのですが、夫に収入がある場合は利用できるのです。学生の場合でもアルバイトをしていて毎月一定の収入があれば審査は通ります。クレジットカードの審査は金融機関によって優しい所と難しい所がありますが、ネットで情報を集めるとある程度はわかります。

クレジットカードを新規に作成するには、所定の審査をクリアする必要があります。クレジットカードの審査では、申込人の返済能力により、カード作成の可否を判断するのです。