工夫して相続税を節税する

対策をすれば節税できます

相続税は遺産の相続をする際に発生する税金ですが、しっかりと対策をする事で確実に節税する事が可能です。何故なら、法律でしっかりと決められてはいるものの、遺族に多大な税率を掛けることは相続したが為に日々の生活を逆に苦しめる事になるため、色々と軽減出来る決まりがあります。この軽減の決まりをしっかりと覚えておき、事前に対策を進める事で節税が可能になります。勿論、相続を行う前から準備を始める必要がありますので、日頃から勉強しておくことが大事です。

どのように節税すればよいか

実際に節税の対策は様々なものがあります。例えば、現金で相続するのに対し、貸家を生前に購入しておいて貸家を相続する場合は30%の節税効果があります。他にも、生命保険に加入して節税を行う方法や、年間110万円までは譲渡しても無税になることを利用して、毎年110万円ずつ譲渡するなど色々な方法がありますので実際にはこれらを組み合わせて対策することになります。ただ、これらは専門知識が必要となりますので個人で行うには限界があります。

税理士に相談して節税を行う

相続税の節税を行いたい場合は、プロである相続税の税理士に相談するのが間違いのない方法です。もちろん、相談することで費用が発生しますが様々なアドバイスを貰えますので効果は大きいです。節税するのは大事ですが、間違った理解のまま進めると脱税になってしまう可能性もあります。法律を熟知している相続税の税理士に相談することにより、そのリスクも無くすことが可能です。初期の相談は無料で対応してもらえる税理士事務所も沢山ありますから、相続税で困っている場合は、まずは相談してみるのがオススメです。

遺産相続は、多額の税金が掛かってしまう事も少なくありません。そのため、遺産相続は相続税の税理士に任せると安心です。