こんな費用がかかる!信用取引による投資の下準備

信用取引は現物取引とは違う特殊な株取引

信用取引とは、株取引における手法の一つです。証券会社から資金を借りて株を買う、もしくは株そのものを借りてそれを売る、その買値売値の価格差で利益を出すという点は現物取引と全く同じです。しかし、必ず証券会社から有価物を借用するという独自のプロセスを踏むことになるため、投資の仕方としては全く別種のものになります。信用取引を始めるためには、特に費用面に関しての知識を身につけて準備を行っておかなければならないのです。

信用取引で使われる必要は「委託証拠金」

現物取引に使われる費用は口座に入金されている資金です。信用取引の場合も取引をする前に必要な費用を専用の口座に入金しますが、その費用の意味合いは現物取引とは大きく違います。信用取引における口座の費用は、信用取引で出た損失を補填するためだけに利用される、言わばどれだけの損失を許容できる資金力があるかを示すものであり、取引のための直接的な資金力を表すものではありません。そのため、その名称も「委託証拠金」という独自のものが使用されていることも納得でしょう。

「金利」は信用取引にかかる独自の費用

上述のように、信用取引は必ず証券会社から有価物を借用するというプロセスを経ます。そのため、その借用するという行為に対して、その借用日数に応じた金利を支払わなければなりません。これは現物取引ではかからない、信用取引独自の費用になります。初めて信用取引を行う人などがこの金利の存在を知らずに信用取引の建玉を塩漬けにしてしまうと、決済時に多額の金利を支払わなければならなくなることも考えられるので、十分気をつけておくようにしましょう。

買い方にとっての信用取引の費用は、日歩とも言われている証券会社から借り受けた株式に対して生じる金利で占められています。その相場は証券会社によって異なりますが、平均すると年利換算で約3%です。