資産運用のコツとしてはまずはリスクとリターン

リスクが低い投資について

日本において最もリスクが低い投資というのが、実は日本国債です。短期でも長期でもこれは基本的にお勧め出来ることになります。リスクかあまりにも低すぎるのでむしろ、リターンが低いところがネックともいえます。しかし、資産運用としてはこれがお勧め出来る要素となるのです。とにかく、損をする可能性を排除するのが基本になるでしょう。それこそが日本国債になる、ということになります。元本は確約、ということになります。

株式に関することについて

株式投資も資産運用先としては極めてメジャーであるといえるでしょう。しかし、難しいことがあるのも確かです。何故かといいますと変動がよくあるからです。安定株ですから、よくわからないことがあるのです。有名な話で適当に選んだ株に投資をしたこととプロに運用された株式でやるのとでも長期的に運用益に関して大差がなかった、ということがあります。これが毎回当て嵌まるとは限らないのですが、それでも難しい投資先であることは確かです。

アパート経営などをすること

資産運用としてアパート経営をする、というのもあります。これはどんな意味があるのか、といいますとまず税金対策になります。税金対策としてアパートを建てる、ということが意外とあるのでするそして、これがなかなか有効的でもあります。どこぞに投資をする、というよりは経営をする、ということになります。非常に大変ではあるのですが、それでも上手くすれば金の卵を産み続ける鶏を手に入れるような状況になりますから、お勧めできます。

金の先物取引はどんな価格でも資産にはなるので運用してみるのもいいでしょう。金そのものが財産なので、手元で輝かせて眺めて楽しめば、その分は得するとも言えます。